ASD・ADHDなどの発達障害で「障害者手帳」の取得はできる?

「障害者手帳」とは、自身が障がいを持つことを証明するための書類です。
都道府県または市町村から交付され、身分証明書として使用できるほか、
提示することで各自治体や民間事業者から各種サービスを受けることも可能です。

「障害者手帳」には3つの種類があり、身体機能に一定の障害がある方に交付される”身体障害者手帳”、知的障害があるとされた方に交付される”療育手帳”、精神疾患があると診断された方に交付される”精神障害者保健福祉手帳”があります。

しかし、ASD(自閉症スペクトラム)やADHD(注意欠陥・多動性障害)など、発達障害がある方向けの専用の手帳は存在しません。
発達障害の診断を受けた方は、どのように障害者手帳の取得すれば良いのでしょうか。

発達障害の場合も、障害者手帳の取得は可能

ASD・ADHDなどの発達障害の診断を受けた方も、他の障がいのある方と同様に障害者手帳の取得が可能です。

種類としては、発達障害のほかに知的障害がある方の場合は療育手帳、そうでない方の場合は精神障害者保健福祉手帳の交付となります。

「障害者手帳」の申請方法

〜精神障害者保健福祉手帳の場合〜

1.必要書類の準備

障害者手帳の申請には各種提出書類が必要です。自治体によって異なる場合もあるため、お住まいの各市区町村のホームページも合わせてご確認ください。

◆主な必要書類

  • 申請書(※各市区町村の役所、もしくは保健センターで入手できます)
  • 医師の診断書
  • 証明写真(縦4cm×横3cm)
  • マイナンバーカード、もしくは通知カード
  • (更新の場合)
  • お手持ちの精神障害者保健福祉手帳、もしくはコピー

このうち、医師の診断書にはある条件が付いており、「初診日から6か月を経過しており、かつ作成してから3ヶ月以内」の診断書を提出する必要があります。そのため、手帳の申請は早くても初診から6ヶ月後となります。

2.最寄りの役所・役場、保健センターの窓口に書類を提出

各種書類の準備が完了したら、お住まいの市区町村の役所・役場、または保健センターの窓口に書類を提出します。

提出時に申請書の控えを渡されるため、手帳が交付されるまで捨てずにお持ちください。

3.審査結果の通知・手帳の交付

申請してから約2〜3ヶ月後に郵送で審査結果が届きます。審査を通った場合は、通知を持参して各窓口で手帳を受け取ります。

〜療育手帳の場合〜

療育手帳の取得基準や申請方法は各自治体によって異なるため、大まかな流れをご説明いたします。詳しくは各自治体のホームページをご確認ください。

1.申請予約・判定

療育手帳を取得するためには、IQテストや問診を経て判定を受ける必要があります。

各自治体の窓口で申請・予約した後、予約日に各種検査を行います。

2.審査結果通知・手帳の交付

申請してから約1〜2ヶ月後に審査結果が通知されます。審査を通った場合は、通知を持参して各窓口で手帳を受け取ります。

まとめ

発達障害でお困りの方も、障害者手帳の取得は可能です。精神障害者保健福祉手帳もしくは療育手帳の取得となりますが、取得までの流れや必要書類などは各自治体によって異なるため、気になる点・疑問点がある場合は各自治体にぜひお問い合わせください。

おすすめの記事

育児をすると肩がこるのはなぜか~子どものリハビリコラム⑦~

育児をすると肩がこるのはなぜか~子どものリハビリコラム⑦~

脳性まひ児・者は歩くときに手で支えることも必要!

脳性まひ児・者は歩くときに手で支えることも必要!

障害者を支援する NPO を運営していて感じること

障害者を支援する NPO を運営していて感じること

バリアフリーホテルとは?探し方を解説

バリアフリーホテルとは?探し方を解説

必ず確認!重症心身障がい児は就学前に必要な補装具を考えよう!

必ず確認!重症心身障がい児は就学前に必要な補装具を考えよう!

こころの問題からおこる心気症にどのように向き合っていけばよいのか?

こころの問題からおこる心気症にどのように向き合っていけばよいのか?