うつ病を予防、治療するなら日光浴から始めよう!

日光浴で精神が安定する

うつ病を予防、治療するうえで簡単に始められるのが日光浴です。

日光浴は健康に良いと言われていますが、その理由として挙げられるのがセロトニンの分泌促進です。

セロトニンは副交感神経が刺激されることで自律神経を整える効果があり、これによってイライラや不安感を解消することができます。

特に朝の日光浴には体内時計をリセットする効果もあるため、自律神経を整えてうつ症状の改善に繋がります。

日光浴でビタミンDの生成が促進される

日光浴をすることで、体内でビタミンDの生成が促されます。

ビタミンDは免疫力を高める効果があり、うつ病だけでなく骨粗しょう症や動脈硬化、がんの予防としても期待されています。

ビタミンDの生成を促すためには、太陽がたっぷりと降り注ぐ正午がおすすめです。

うつ病は外に出るのも億劫になり家に引きこもりがちになってしまいますが、思い切って外に出れば気分転換にもなりますよ。

まとめ

このように、日光浴はうつ病にプラスの効果をもたらします。

うつ病の予防や治療のために日光浴をするなら、まずは朝早起きしてカーテンを開けることから始めましょう。

慣れてきたら外に出て日光浴をしたり、散歩に出かけるなどして日光浴を行うのがおすすめです。

おすすめの記事

歩くことが難しいのに歩行練習は必要なのか?~障がい児の歩行練習の目的~

歩くことが難しいのに歩行練習は必要なのか?~障がい児の歩行練習の目的~

2021年東京で開催!パラリンピックとは?歴史や概要をご紹介

2021年東京で開催!パラリンピックとは?歴史や概要をご紹介

ブラインドマラソンとは?

ブラインドマラソンとは?

ブログはただの日記ではない?ブログを書くことはうつに効果があるのか?

ブログはただの日記ではない?ブログを書くことはうつに効果があるのか?

ASD・ADHDなどの発達障害で「障害者手帳」を取得するメリットは?〜税金編〜

ASD・ADHDなどの発達障害で「障害者手帳」を取得するメリットは?〜税金編〜

医療的ケア児は預ける場所がない?障がい児と家族にとって大きな問題に

医療的ケア児は預ける場所がない?障がい児と家族にとって大きな問題に