うつ病を予防、治療するなら日光浴から始めよう!

日光浴で精神が安定する

うつ病を予防、治療するうえで簡単に始められるのが日光浴です。

日光浴は健康に良いと言われていますが、その理由として挙げられるのがセロトニンの分泌促進です。

セロトニンは副交感神経が刺激されることで自律神経を整える効果があり、これによってイライラや不安感を解消することができます。

特に朝の日光浴には体内時計をリセットする効果もあるため、自律神経を整えてうつ症状の改善に繋がります。

日光浴でビタミンDの生成が促進される

日光浴をすることで、体内でビタミンDの生成が促されます。

ビタミンDは免疫力を高める効果があり、うつ病だけでなく骨粗しょう症や動脈硬化、がんの予防としても期待されています。

ビタミンDの生成を促すためには、太陽がたっぷりと降り注ぐ正午がおすすめです。

うつ病は外に出るのも億劫になり家に引きこもりがちになってしまいますが、思い切って外に出れば気分転換にもなりますよ。

まとめ

このように、日光浴はうつ病にプラスの効果をもたらします。

うつ病の予防や治療のために日光浴をするなら、まずは朝早起きしてカーテンを開けることから始めましょう。

慣れてきたら外に出て日光浴をしたり、散歩に出かけるなどして日光浴を行うのがおすすめです。

おすすめの記事

わざとじゃないのに・・・身体障がい者は緊張が高くなりやすい?

わざとじゃないのに・・・身体障がい者は緊張が高くなりやすい?

身体障がい児は側弯になりやすい?側弯予防のための3つのポイント

身体障がい児は側弯になりやすい?側弯予防のための3つのポイント

ゴールデンエイジとは?子どもの運動能力が発達する時期にからだを動かそう!

ゴールデンエイジとは?子どもの運動能力が発達する時期にからだを動かそう!

【最新】バーチャルリアリティー(VR)を活用したVR暴露治療とは?

【最新】バーチャルリアリティー(VR)を活用したVR暴露治療とは?

子どものリハビリができる病院ってあるの?意外と少ない小児のリハビリ

子どものリハビリができる病院ってあるの?意外と少ない小児のリハビリ

子どもと向き合うしごと#2子どもと大人の理学療法の違い

子どもと向き合うしごと#2子どもと大人の理学療法の違い