誰にも愚痴をこぼせないときにおすすめ!愚痴を聴いてくれるアプリ「タンバリン」とは?

はじめに

ストレスの多い毎日を過ごしていると誰しも愚痴の1つや2つぐらい言いたくなるものです。

でも、一人暮らしで誰にも愚痴をこぼすことができなかったり、愚痴を聴いてもらうことが申し訳なかったりすることで知らないうちにストレスを抱え込んでいないでしょうか。

そんなイライラしたときやもやもやしたときに気軽に活用できるアプリとして「タンバリン」というアプリがあります。

今回は、ストレス社会において役に立つアプリの一つであるタンバリンというアプリについて紹介していきます。

そもそも愚痴をこぼすことは悪いことなのか

そもそも愚痴をこぼすことは、特に日本人は辛抱強い性格があるためかなかなか他人や家族に話しにくいものです。

本来愚痴をこぼすことは悪いことではないのですが、日本人は愚痴を話すことが悪いことであるという印象があるのかもしれません。

ただ、愚痴をこぼすことができないということは言いたいことがあっても我慢してしまうということです。

我慢してしまうと人は知らない内にストレスを感じてしまい、体調不良などの悪影響が及ぶこともあります。

あまりに愚痴ばかり話すことは良くありませんが、我慢しすぎることも良くありません。

適度に愚痴を話せる機会というのはストレスを抱えすぎないために必要なことだと思います。

ユーザーの愚痴を聴いて会話を行うアプリ「タンバリン」とは?

今日も誰とも会話をしなかった・・・
毎日会社と家の行き来だけでストレスがたまるなあ・・・
たまには誰かと話をしてストレス発散できないかな?

愚痴を溜め込みすぎると身体によくありませんよ!
愚痴を聴いてほしいなら「タンバリン」というアプリがおすすめです。

アプリが愚痴を聴いてくれるんですか?

そうです。
日頃不満やストレスを抱えている人は思いっきり話をする機会が必要です。
以下にタンバリンについてまとめていきます。

ユーザーの愚痴を聴いて会話をしてくれるアプリ「タンバリン」について

こんなときに使用すると便利!

・疲れているとき

・誰かに話を聞いてほしいとき

・イライラしていたり、もやもやしていたりするとき

・ストレスを発散したいとき

・気分が落ち込んでいるとき

・誰とも話をする機会がないとき   など

3人のキャラクター「フツ太郎」「ワル三郎」「ラブ子」がそれぞれの視点で受け答えしてくれます。

どれだけたくさん話しても大丈夫で、日常の不平不満はもちろん普通の会話も楽しむことができます。

また、アプリを終了すると、その時点で履歴は全てリセットされます。

そのため、以前の愚痴がずっと残ることはありません。

声で直接話がしたいという方も設定を変えることでキャラがそれぞれ発声して受け答えをしてくれます。

まるでキャラと一緒に会話をしているような気分になれるかも。

各キャラにはそれぞれの性格や特徴があり、それぞれの性格と特徴によって受け答えをしてくれます。

自分の好みに合わせて好きなキャラとだけ会話を楽しむこともできます。

また、初期設定(会員登録やメールアドレスの入力など)をすることなく、ダウンロードしてからすぐに使用することができるのも便利です。

まとめ

現在の社会は、ストレスを抱え込みやすく日頃の不満や愚痴を溜め込みやすい社会なのかもしれません。

愚痴をこぼしたくても誰にも話をすることができずに、一人でストレスを抱え込んでしまうことも多くあるのではないかと思います。

タンバリンは、気軽に愚痴や不満を聴いて会話をしてくれる便利なアプリで、普段の日常会話も可能です。

普段から誰にも話をする機会がなく、ストレスを抱え込んでいる方はぜひタンバリンを使用して日常生活の悩みを少なくしていきましょう!

おすすめの記事

コロナ禍で散歩ができない!自閉症スペクトラムの子どもにとって散歩とは?

コロナ禍で散歩ができない!自閉症スペクトラムの子どもにとって散歩とは?

自閉症スペクトラム(ASD)の特徴って何?ASDはいろいろな特徴の集合体

自閉症スペクトラム(ASD)の特徴って何?ASDはいろいろな特徴の集合体

HSPとは?~今注目されている感覚が過敏で生きづらさを抱える人たち~

HSPとは?~今注目されている感覚が過敏で生きづらさを抱える人たち~

会食恐怖症に漢方は効くの?

会食恐怖症に漢方は効くの?

脳性まひの赤ちゃんの時期に注意しなければならないこととは?

脳性まひの赤ちゃんの時期に注意しなければならないこととは?

自動運転はここまできた!自動運転車が障がい者や高齢者の自立した移動を実現できる!

自動運転はここまできた!自動運転車が障がい者や高齢者の自立した移動を実現できる!