不安障害の治し方とは?不安障害に効く漢方薬はこちら

不安は誰でも感じる感情ですが、異常に不安感が強い場合や不安が長期間続く場合は不安障害が疑われます。

不安障害の治療には漢方薬が用いられることがあります。

不安障害の治し方として用いられることの多い漢方薬をまとめました。

漢方薬による不安障害の治し方

漢方薬は不安障害だけでなく様々な精神疾患の治し方として用いられます。

しかし、漢方薬は西洋薬のように即効性はないため、それだけで不安障害を改善するのは難しいと言えます。

不安障害の主な治し方は西洋薬によるため、漢方薬はあくまでもサポートとして考えるべきでしょう。

また、軽度の不安障害の場合は漢方薬による治療が行われることがあります。

不安障害の治し方に用いられる漢方薬

強い不安を感じる不安障害で用いられる漢方薬は、柴胡加竜骨牡蛎湯、半夏厚朴湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、抑肝散、加味逍遙散があります。

一口に不安障害と言っても症状によって漢方薬は異なるため、自分の症状に合った漢方薬を選びましょう。

まとめ

不安障害の治し方は漢方薬だけでなく日常生活の見直しや精神療法も必要です。

また、漢方薬は副作用が少ないメリットがありますが、効果を得るためには長期間服用しなければならないことを覚えておきましょう。

おすすめの記事

AIに日々の悩みや愚痴を話して感情を記録するアプリ「emol」とは?

AIに日々の悩みや愚痴を話して感情を記録するアプリ「emol」とは?

ADHDの方とどのように接すればよいのか?

ADHDの方とどのように接すればよいのか?

障がいがあっても自立して働くために~障がい者雇用と一般雇用の違いってなに?~

障がいがあっても自立して働くために~障がい者雇用と一般雇用の違いってなに?~

誰にも愚痴をこぼせないときにおすすめ!愚痴を聴いてくれるアプリ「タンバリン」とは?

誰にも愚痴をこぼせないときにおすすめ!愚痴を聴いてくれるアプリ「タンバリン」とは?

障がいがあっても働くために~④就労定着支援~

障がいがあっても働くために~④就労定着支援~

障がいがあっても働くために~③就労継続支援B型~

障がいがあっても働くために~③就労継続支援B型~