緊張、うつ病に効果的?マインドフルネス瞑想とは?

瞑想といえば何を思いつきますか?
Wikipediaでは以下のように定義されています。

瞑想冥想(めいそう、: meditation、: contemplation)とは、を静めてに祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。

wikipedia – 瞑想

瞑想といえば仏教などの宗教で行われるものだというイメージがある方も多いかと思います。

しかし今、瞑想から宗教色を排除したマインドフルネス瞑想が多くの医療や福祉の現場で行われています。

マインドフルネス瞑想とは?

マインドフルネスというのは「今、現在、起こっていることをを大切にする生き方」のことです。

マインドフルネスを実践するために「マインドフルネス瞑想」がオススメされています。

マインドフルネス瞑想の効果とは?

では、マインドフルネス瞑想をすることでどのような効果があるのでしょうか?
主に言われている効果はこちらです。

・精神面では緊張
・うつ状態の緩和
・不安の減少
・ストレス耐性の向上
・集中力の向上
・記憶力の向上

マインドフルネス瞑想のやり方

マインドフルネス瞑想にもやり方がありますが、今回は一般的によくされている方法をご紹介されています。

瞑想する場所はどこでも構いませんが、できるだけ静かでリラックスできる場所でやる方がより集中できるでしょう。

1. 楽な姿勢を取る(座っても横たわっても良い)
2. 力を抜いてリラックスし、目を閉じて自然な呼吸(腹式呼吸)をする
3. 自分の意識を呼吸だけに集中する

瞑想は毎日5分〜10分するのがおすすめです。
最初のうちは瞑想を長く続けるのは難しいです。長くしようとするよりも毎日続けることが大事です。

YouTubeでマインドフルネス瞑想をするための動画なども公開されているので、初めての方はこういった動画を使って実践してみるのもいいでしょう。

初めての方がマインドフルネス瞑想をしていると、ついつい考え事をしてしまうをしてしまうことがあります。呼吸に意識を向ける必要があるので、考え事をしてしまっては意味がありません。この動画では瞑想中に他のことを考えないように定期的に、音を鳴らしているので、自分の意識がどこにあるかを確認することができます。

最初は一番上の3分の瞑想をしてみるといいでしょう。

まとめ

最近ではGoogleやFacebookなどのアメリカの有名IT企業でもマインドフルネス瞑想が研修で取り入れられているみたいです。

仕事の効率や生産性の向上などにも繋がるみたいなので、ご興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか?

自分を操り、不安をなくす究極のマインドフルネス 

実践! マインドフルネスDVD (体験に気づき、反応を止め、パターンから抜け出す理論と実践)

おすすめの記事

歩きはじめはどんな靴を選べばいい?子どもの靴選びは慎重に!

歩きはじめはどんな靴を選べばいい?子どもの靴選びは慎重に!

子どものリハビリができる病院ってあるの?意外と少ない小児のリハビリ

子どものリハビリができる病院ってあるの?意外と少ない小児のリハビリ

悪夢障害とは?チェック方法や治療法の解説

悪夢障害とは?チェック方法や治療法の解説

子どもと向き合うしごと#1運動面だけをみればいい?

子どもと向き合うしごと#1運動面だけをみればいい?

何科に通えばいい?心の病気を治療するには?精神科、心療内科の違いを解説します!

何科に通えばいい?心の病気を治療するには?精神科、心療内科の違いを解説します!

身体が勝手に動いてしまう「チック」とは?原因と症状について

身体が勝手に動いてしまう「チック」とは?原因と症状について