家庭向け自動開閉ドアで身体障がい者の生活をより便利に

障がい者にとってメリットが多い家庭用開閉ドア

体が不自由な障がい者や高齢者にとって、玄関のドアを開け閉めすることは容易ではありません。

また、障がい者や高齢者をサポートする人にとっても、玄関ドアの開け閉めに不自由を感じている人も多いのが現状です。

そんな時に役立つのが、家庭向け自動開閉ドアです。

家庭向け自動開閉ドアは、リモコン操作で玄関ドアの開閉ができるため、自宅への出入りをよりスムーズに行うことが可能になります。

また、リモコンを操作しない限りはドアが勝手に閉まることがないため、不安なく利用できるでしょう。

家庭向け自動開閉ドアは、障がい者の自立をサポートするうえで大変役立つツールです。

家庭向け自動開閉ドアは後付けが可能

家庭向け自動開閉ドアは車椅子ユーザーにとっても大変便利です。

しかし、自宅の玄関ドアを自動にすると聞くと、大規模な工事が必要なのではと思う人もいるでしょう。

しかし、家庭向け自動ドアには既存の玄関ドアに後付けできるものが多く、1日から2日程度の工事で取り付けが可能です。

家庭向け自動開閉ドアの本体料金や工事費用は決して安くないものの、自治体によっては補助金制度が利用できる場合もあります。

まとめ

家庭向け自動開閉ドアの導入で、生活しやすい環境になることは間違いありません。

特に一人暮らしの障がい者や高齢者にとっては、日々のストレスや負担を大幅に軽減してくれるでしょう。

おすすめの記事

いつごろから必要?筋ジストロフィーの子どもにとって車椅子とは?

いつごろから必要?筋ジストロフィーの子どもにとって車椅子とは?

【2021年】死にたいと思った時に無料相談できる機関

【2021年】死にたいと思った時に無料相談できる機関

子どもと向き合うしごと#2子どもと大人の理学療法の違い

子どもと向き合うしごと#2子どもと大人の理学療法の違い

ASD・ADHDなどの発達障害で「障害者手帳」を取得するメリットは?〜税金編〜

ASD・ADHDなどの発達障害で「障害者手帳」を取得するメリットは?〜税金編〜

ADHDの方とどのように接すればよいのか?

ADHDの方とどのように接すればよいのか?

HSPとは?~今注目されている感覚が過敏で生きづらさを抱える人たち~

HSPとは?~今注目されている感覚が過敏で生きづらさを抱える人たち~