医療的ケア児は預ける場所がない?障がい児と家族にとって大きな問題に

医療的ケア児の預ける場所は限られている?

子どもを預ける場所にはさまざまな場所があります。

例えば保育園や幼稚園、そして療育施設も預ける場所です。

しかし、重症心身障がい児などの医療的なケアが必要な子どもたちは
医療的なケアが必要なためにどうしても預ける場所が限られてしまいます。

今回は、医療的ケア児の預ける場所が限られているという問題について紹介していきたいと思います。

医療的ケア児を預ける場所がなければさまざまな問題が・・・

子どもに保育園や幼稚園のように
子どもたち同士での関わりを経験してほしいと思っているのですが
医療的なケアがあるとどうしても預ける場所がありません。

こういった問題は
保育園や幼稚園が医療的なケアを行うことが難しいためです。
今は医療的ケア児と言っても健常児と同じように
歩くことができたり、コミュニケーションをとることができたりすることもあるのですが・・・
ただ、医療的なケアが必要というだけで預ける場所は限られてしまうのが現状です。

子どもたち同士での経験が少なくなってしまいますね・・・
それに、もし自分に何かあったときにすぐに預かってくれる場所もありません。

医療的なケアが必要な子どもたちは
一時的に預かる場所も限られていますね。
これではご家族は子どもにつきっきりになってしまいます。
まだまだ医療的ケア児の社会資源は不足しているのが現状です。

保育園や幼稚園に医療的ケア児は通うことができるのか?

療育施設は医療的なケアがあっても預かってくれる場所が増えてきましたが
まだまだ身体的に重度な子どもに限られているように感じます。
一般の保育園や幼稚園に医療的ケア児は通うことができないのでしょうか?

少しずつですが、一般の保育園や幼稚園に通うこともできるようになってきています。
地域の特別支援学校にも以前はなかったことですが
看護師が常勤している場合が多くなってきていますよね?
一般の保育園や幼稚園にも看護師が常勤で働いていれば
医療的ケア児も通うことができるようになります。

保育園や幼稚園に通えるようになると
子どもたちにとっても良い影響がありますね。

そうですね。
ただ、まだまだ通うことができる子どもは少数です。
今後は就学前の段階から集団での経験ができるようにしていくことが
医療的ケア児の将来につながっていくのではないでしょうか。

預ける場所がないことで医療的ケア児の成長が奪われてしまうリスクがある

このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。解決HTML に変換

ポイント

・医療的なケアがあるだけで預ける場所が限られてしまう
・家族に何かあったときに一時的に預かる場所も少ない
・今後は就学前の段階から集団での経験ができるようにしていくことが課題

Medical care children-Place to deposit

医療的ケア児といってもその症状はさまざまです。

ただ、どの医療的ケア児にも共通していることは
医療的なケアがあるだけでさまざまな経験をする機会が少なくなってしまいます。

また、その医療的なケアの影響により
一緒に生活する家族の負担も大きくなってしまうという問題もあります。

医療的ケア児の預ける場所がないという問題
ただ単に預ける場所がないという問題だけではなく
子どもと家族の生活にも大きな影響があります。

今後は、医療的なケアがあっても同年代の子どもとの関わりが経験できるようにしていくことが課題ではないでしょうか。

おすすめの記事

家庭向け自動開閉ドアで身体障がい者の生活をより便利に

家庭向け自動開閉ドアで身体障がい者の生活をより便利に

~視力の発達~子どもの視力は少しずつ発達していく

~視力の発達~子どもの視力は少しずつ発達していく

身体障がい児は側弯になりやすい?側弯予防のための3つのポイント

身体障がい児は側弯になりやすい?側弯予防のための3つのポイント

児童発達支援ってなに?センターと事業所の違いとは?

児童発達支援ってなに?センターと事業所の違いとは?

子どもの昼寝は必要?昼寝の大切な役割について

子どもの昼寝は必要?昼寝の大切な役割について

もしかして睡眠障害かも・・・睡眠不足が体に及ぼす影響とは?

もしかして睡眠障害かも・・・睡眠不足が体に及ぼす影響とは?