【動画あり】視覚障がい者の目になる人工知能アプリ「SeeingAI」とは?実際に使ってみた!

SeeingAIは視覚障害者の目になるアプリ!

SeeingAIはMicrosoft社が開発している視覚障がい者が日常生活をより過ごしすくするために開発されたアプリです。

無料でダウンロードできるため気軽に利用することができます。

SeeingAIはiPhoneをかざすことで文章を読み取ったり、色や人を判別する機能があります。

目が不自由な視覚障がい者にとって、目の役割を果たしてくれるアプリとして注目が集まっています。

様々な場面で役立つSeeingAIの機能とは?

SeeingAI Appstore から引用 : https://apps.apple.com/jp/app/seeing-ai/id999062298

SeeingAIには様々な機能が備わっています。

例えば短い文章や長い文章を読み取る、紙幣の種類を読み取る、色や明るさを読み取る、人や景色を認識して説明する機能があります。

視覚障害者にとって、文章の長さに関わらず文章を読むことは非常に困難です。

また、色や明るさの認識ももちろん、目の前にどんな景色が広がっているのか、どんな人がいるのかを認識することも難しいでしょう。

しかし、SeeingAIを利用することで、文章や景色、人さえもまるで自分の目で見ているかのように認識することが可能になります。

実際に使ってみた!

SeeingAIがどこまで使えるのか調べるために、Wikipediaからの解説を引用して、ドキュメントの読み上げをしてみました!

若干の読み上げミスはあるものの(読み上げが難しい文章を用意したため)しっかりと読み上げてます。

続いて、製品のテストをしてみます。
この機能は製品のバーコードを読み込んで、製品の情報を読み上げる機能です。

今朝買った伊藤園のおーいお茶の濃い茶(飲み切りました。)を用意しました。

バーコードを読み込んでみたのですが、、

認識されません、、
もしかすると、日本の製品情報の読み上げにはまだ対応していないのかもしれません。

続いては通貨の読み上げ機能を使ってみます。

1000円と5000円は問題なく読み上げましたが、10000円は上手く読み上げません。

2019年に日本語に対応したばかりのアプリなので、まだまだ発展途上なところがあるかもしれませんが、ドキュメント(文章)の読み上げの精度はかなり高いと感じました。

ダウンロード

SeeingAIは無料のアプリですが、現在対応しているのはiPhoneのみとなります。

AppStoreでダウンロード

まとめ

視覚障がい者にとって見えない物や景色が、アプリを利用するだけで認識できるのはたいへん喜ばしいことです。

SeeingAIを取り入れることで、視覚障がい者が感じる日常の中の不便を少なからず解消することができるでしょう。

おすすめの記事

冬場はうつになりやすい?人工光によるうつ症状の改善と冬季うつ病について

冬場はうつになりやすい?人工光によるうつ症状の改善と冬季うつ病について

休日に何もやる気が起きないのは週末うつの可能性?

休日に何もやる気が起きないのは週末うつの可能性?

子どものリハビリができる病院ってあるの?意外と少ない小児のリハビリ

子どものリハビリができる病院ってあるの?意外と少ない小児のリハビリ

緊張、うつ病に効果的?マインドフルネス瞑想とは?

緊張、うつ病に効果的?マインドフルネス瞑想とは?

自立訓練とは?~障がいのある人が自立して生活するために必要な訓練について~

自立訓練とは?~障がいのある人が自立して生活するために必要な訓練について~

うつには日当たりが良い部屋が効果的?太陽の光を浴びて快適な一日にしよう!

うつには日当たりが良い部屋が効果的?太陽の光を浴びて快適な一日にしよう!