うつには日当たりが良い部屋が効果的?太陽の光を浴びて快適な一日にしよう!

はじめに

家や部屋を選ぶときに最も大事にしていることは何でしょうか?

例えばそれは間取りであったり、周囲の環境であったりなどさまざまであると思いますが、「日当たり」も家選びの中で重要な項目であると思います。

実は日当たりが悪い環境では、精神的にも身体的にも悪影響を及ぼす可能性があることがわかってきています。

特に近年になってからうつ病になってしまうリスクも高くなることが言われるようになってきました。

そこで今回はうつ病と日当たりの環境との関係について考えていきたいと思います。

そもそも日光は身体にどのような影響があるのか?

日中でも部屋が暗いとなんだか気分が悪くなりそう・・・
どうして日当たりが悪いと気分が悪くなってしまうのかなあ・・・

人は日光を浴びることで様々な効果が期待できるんですよ!
以下に日光が身体に及ぼす影響についてまとめていきます。

日光が及ぼす身体への効果について

・朝日はセロトニンの分泌を促す

セロトニンは別名幸せホルモンと呼ばれる脳内物質で、朝日を十分に浴びると目覚めが良くなり、気分もスッキリします。

・免疫力が向上する

日光を浴びるとビタミンDが吸収されます。

ビタミンDは免疫力を上げる効果があるので、病気にかかりにくくなります。

・睡眠の質の改善につながる

朝日を浴びると、その日の生活のリズムが整いやすくなります。

自然と夜になると眠くなることができるので、良い睡眠のリズムを付けることが可能になります。

身体面・精神面以外での効果

・光熱費が節約できる

日当たりが良いと年間を通して暖かくなるので、エアコンや照明による光熱費を抑えることができます。

・湿気がたまりにくい

換気も必要ですが、日当たりが良いと湿気も少なくなります。

そのため、常に良い空気の環境で衛生的にも良い効果が期待できます。

・風水的にも良い

日光がよく入り込む家や部屋は風水的にも良い傾向があります。

南側の窓が多くある家や部屋は、空気が淀んだ状態が少なくなります。

うつ病と日当たりはどのように関わりがあるのか?

うつ病の方の症状の特徴

・気分が落ち込みやすい

・夜よく眠れない

・食欲がない

・無気力感

・仕事が手に付かない

・身体が重く感じる

うつ病の方の特徴はいろいろあるんですね!
でも日光を浴びるとうつ病の方はなぜ症状が良くなりやすいのですか?

うつ病の方は、生活のリズムが崩れていることも大きな特徴です。
現在は不規則な生活になりやすいので、夜よく眠れないことも多くあります。

日光は浴びるだけで脳の活性化につながり、日中の活動の手助けになります。
また、夜は日光を浴びなくなるので自然と脳の働きが少なくなってきます。
特にうつ病の方は、朝日を決まった時間に浴びることが重要です。
たまにはカーテンを開けて太陽の光を家の中に取り込みましょう!

日光を浴びることで生活のリズムがつきやすくなるということですね。
デスクワークで日光を浴びない方も、休憩時間に外に出ることも良いですね!

まとめ

日当たりが良いと、朝になると自然と朝日を感じることができ一日のリズムが形成されやすくなります。

そのため、物件選びをするときは、南向きの物件や窓が多い物件を選ぶことがおすすめです。

ただ最近は夏の日差しが強いので、あまりにも日光が入りすぎると夜になっても暑すぎる場合があるので、すだれやカーテンなどの対策は必要かもしれません。

うつ病の方は一日の生活のリズムが崩れてしまっている場合が多く、夜よく眠れないことがあります。

日光は身体に30秒ほど浴びるだけで、その日の生活のリズムを整えることができます。

いつもカーテンを締めていたり、窓を閉めっぱなしにしていたりする方は、たまには日光を部屋に取り入れてみてください。

自然と気持ちも晴れやかになり、一日のやる気が湧いてくるはずです。

日当たりを工夫して部屋の中をできるだけ明るく保てるようにしていきましょう!

おすすめの記事

うつ病と睡眠障害は関係があるのか?

うつ病と睡眠障害は関係があるのか?

自閉症やADHDに効果がある「Minecraft」とは?

自閉症やADHDに効果がある「Minecraft」とは?

2021年東京で開催!パラリンピックとは?歴史や概要をご紹介

2021年東京で開催!パラリンピックとは?歴史や概要をご紹介

障がい児の学校生活を支援!特別支援学校と理学療法士の連携とは?

障がい児の学校生活を支援!特別支援学校と理学療法士の連携とは?

脳性まひの赤ちゃんの時期に注意しなければならないこととは?

脳性まひの赤ちゃんの時期に注意しなければならないこととは?

冬場はうつになりやすい?人工光によるうつ症状の改善と冬季うつ病について

冬場はうつになりやすい?人工光によるうつ症状の改善と冬季うつ病について